SSブログ

ジャカルタで働く日本の電車 [乗り物]

ジャカルタには東京行の電車が走っています。
色は変わっていますが元JR東日本で走っていた電車です。
2575814
本当に東京まで走ったらいったいいつ着くのでしょうか・・・。

これはジャカルタ・コタ発海浜幕張行?
2575815

原木中山行(渋い・・・) これは千葉県の元東葉高速鉄道の車両です。
2575804

大都市であるインドネシアのジャカルタでは姉妹都市である東京都から贈られた
中古の地下鉄車両を皮切りに、ここ数年で各鉄道会社の引退した中古車両が続
々と海を越えてインドネシアに渡り異国の地で第二の人生を歩んでいます。
当の車両たちが過酷なジャカルタの環境にさぞかし驚いていることでしょう・・・。

東京都から贈り物の元都営地下鉄三田線の電車(6000系)と現地の電車です。
この電車は日本の地方私鉄でも走っていますが、学生時代お世話になった電車
です。
2575803

元東急電鉄の電車。前面の窓には投石防止用の網が取り付けられています。
2582615

ジャカルタの鉄道は日本のODAによる援助で高架化など近代化工事を行っている
ので日本の電車を導入しやすい環境にあります。もともと走っている電車はこんな
感じで写真のようにドアが開けぱなしなだけでなく、時間帯や区間によっては無賃
乗車で電車の屋根に上ったり前面にへばりつく人もいて事故が絶えないそうです。
2576097

2582614

ちなみにこの電車も以前現地向けに作った日本製です。「エコノミ」といって冷房は
なくて物売りからミュージシャンまでいろいろな人が車内で勝手に商売をしています。

ドアから風が容赦なく入ってきます・・・。雨が降っていれば雨も。換気は完璧!
2575844

そこで無賃乗車の撲滅とサービス向上、収入増加を狙って導入したのが中古とい
っても冷房が付いてメンテナンスされてきれいな日本の電車を導入したわけ。ドア
が自動というメリットもあります。

インドネシアでも女性専用車を作ったようですがあまり守られていないようです。
(日本と似たステッカーですがインドネシア語で女性専用と書いてあります)
2575818

日本の車両を使っている急行電車は物売りの取締りが厳しいようですが、それで
も発車前にはいろいろ売りにきます。(これは元東急の電車で車内には東横線と
みなとみらい線の路線図が残っているくせに現地の路線図はありません・・・)
2575817

さて元JR東日本の武蔵野線を走っていた電車(103系)に乗ってみましょう。
運転室を覗いていたら「乗っていくかい?」みたいな感じだったので運転台に乗せて
もらえました。インドネシアでも最近になってやっと法令が整備されて運転室への立
ち入りが禁止されたようですがそこはインドネシア、入れてくれることもあるようです。

日本の電車をインドネシア人の運転士が運転します。なかなか運転は上手です。
2575808

途中スラム街もあって電車は警笛を鳴らし続けながら徐行して通過します。
残念ながらアジアの発展途上国にありがちで子供たちによる電車への投石が多く
前面には投石防止用の網が付けられ、実際運転室にいる時も置石や投石があり
ました。実際に割られた窓もあります。
2575843

投石で割れてしまった電車の窓
2575813

あと駅だからといって開いたドアの外はホームとは限らないので注意が必要です。
気をつけないと水溜りに落ちてしまいます!
2575805

反対側のドアだって開きまーす。ホームを移動するのには線路を渡るしかないので
危険だけどこうするしかないみたいです。ステップはありますが電車に乗るいや上る
のも一苦労です。自分の身は自分で守る!コレ基本です。駅のホームから下りたり
線路の中を歩いていても誰も何も言いません。
2575807

駅の中には猫もうろうろしいます。ちょっと痩せていますが・・・。
駅によってはヤギがいたりするそうです。
2575846

ジャカルタの人々の生活が垣間見れる電車はなかなか面白いです!
基本的に親切な人が多くてきっぷを買ったらわざわざ外に出てきて「あの電車に乗る
んだよ~」と教えてくれたり、席が空いているのを教えてくれたりしてくれました。遭遇
はしませんでしたがスリ集団(日本でもいますが)もいるそうなので注意は必要です。

ちなみに一番安いエコノミ(普通列車)の運賃は1,000ルピア~(約8円)でほとん
どタダみたいなものです。運賃が数倍する日本の冷房付き急行電車に1時間近く乗
っても50円弱・・・。投石などでちょっと満身創痍ぎみの電車もありますが末永くお達
者でいてもらいたいものです。
nice!(4) 

nice! 4